【上風連小学校】液晶タブレットを使用した授業


 本日、3.4年生の児童が「Wacom One」という液晶のペンタブレットを使用し、絵を描いたり、イラストに色をつける体験をしました。
 ペンタブレットは、ペンと板タイプの入力機器で、直感的にPCなどへ入力することができる製品です。
 中でも液晶タブレットは、画面に直接描くことができるため、紙に描くように自然にデジタルイラストに挑戦できます。
 






 絵を描くのに使用したソフトは「CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)」です。
 空や草、お花、ビル、本…など、様々なペンやブラシがダウンロードできるのが特徴で、子ども達もそれぞれ工事現場やお花をテーマにした絵を描いたり、別海りょウシくんのぬり絵をしてソフトの使い方を学び、体験しました。

 学習指導員さんの指導のもと、プロも使用する機器やソフトを使用した子ども達は「漫画家さんみたい!」と大満足。
 想像力を巡らせ、様々な作品を作り上げていました。


児童の作品 タイトル「花びら」


児童の作品 


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

上風連小学校 授業風景(音楽)

上風連小学校 後期委員会活動

【上風連小学校】授業の様子 タブレットドリル

上風連小学校 休み時間

上風連小学校 全校音楽

上風連小学校 全校遊び

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ